ここから本文です

英ポンド週間見通し:底堅い動きか、EU離脱交渉進展への期待も

12月2日(土)14時58分配信 フィスコ

■堅調推移、清算金合意で離脱交渉進展への期待広がる

先週のポンド・円は堅調推移。欧州連合(EU)からの英国の離脱に当たり支払う清算金について英国とEU側が大筋で合意に達したとの報道が材料視された。英中央銀行による利上げ時期はやや早まる可能性があるとの見方も浮上し、ポンド買い・円売りが優勢となった。取引レンジ:146円98銭-152円49銭。

■底堅い動きか、EU離脱交渉進展への期待も

今週のポンド・円は底堅い動きとなりそうだ。英国の欧州連合(EU)離脱に伴う清算金の支払いで基本合意に達し、離脱交渉はさらに進展するとの期待でポンド買いが優勢となりそうだ。英主要経済指標が堅調だった場合、利上げ観測が台頭し、ポンドが強まる可能性がある。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・5日:11月サービス業PMI(予想:55.0、10月:55.6)
・8日:10月鉱工業生産(前月比予想:-0.1%、9月:+0.7%)
・8日:10月商品貿易収支(予想:-115.5億ポンド、9月:-112.53億ポンド)

予想レンジ:150円00銭-153円00銭


《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:12月2日(土)15時36分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン