ここから本文です

オープンハウスが反落、三菱UFJモルガン証は業績予想を上方修正

12月1日(金)16時31分配信 モーニングスター

現在値
オープンH 5,820 -150
 オープンハウス <3288> が4日ぶりに反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では11月30日付で、レーティングを「Buy」(買い)から「Hold」(中立)に引き下げ、目標株価は4600円から5700円に引き上げている。

 同証券では業績予想を上方修正、あわせて目標株価を5700円に引き上げるとしている。一方で、11月14日に発表した同社初の中期計画などを好感し、株価が目標株価水準に到達したことから、レーティングは「Hold」に引き下げるとしている。

 会社側は中期計画最終年度の20年9月期に連結経常利益600億円を計画。同証券では、新エリアの埼玉県に18年9月期に出店するなど拠点を積極拡大、マンション用地など棚卸資産の仕入れ進ちょく、来春の新卒採用倍増などによる収益の貢献期待から18年9月期以降の同証券連結営業利益予想を引き上げ、中期計画目標は達成可能と予想している。

 同証券では連結営業利益について、18年9月期447億円(前期比18.8%増、従来415億円、会社側計画は447億円)、19年9月期515億円(従来440億円)、20年9月期615億円(同465億円)と試算している。

 1日終値は前日比210円安の5330円。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月1日(金)16時31分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン