ここから本文です

マーキュリアが反発、市場1部銘柄への指定や通期業績予想の上方修正を好感

11月28日(火)16時49分配信 モーニングスター

現在値
マキュリア 1,530 -74
 マーキュリアインベストメント <7190> が反発し、一時93円高の1628円を付けた。27日引け後、東京証券取引所から12月18日付で市場1部銘柄に指定されたと発表、材料視された。

 市場1部銘柄となった場合、上場した翌月末にTOPIX(東証株価指数)指数算出銘柄に採用されるため、同指数との連動を目指すファンドなどから買い需要が発生する。

 同時に、17年12月期の連結業績予想を上方修正。営業収益を35億5000万円から38億円(前期比50.7%増)に、営業利益を18億円から20億円(同56.3%増)に引き上げた。ファンド運用事業において、一部成功報酬の金額および期間帰属が確定することが見込まれることとなったため。

 28日終値は、前日比55円高の1590円。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月28日(火)16時49分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン