ここから本文です

スクエニHDが売り先行、三菱UFJモルガン証はレーティング「ニュートラル」に引き下げ

11月24日(金)9時10分配信 モーニングスター

現在値
スクエニH 5,400 +50
 スクウェア・エニックス・ホールディングス <9684> が売り先行、一時140円安の5090円まで売られている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は22日付でレーティングを「オーバーウエート」から「ニュートラル」に引き下げた。目標株価は4860円継続。

 従来の「モバイルゲームがけん引し利益成長が持続、22年3月期まで8期連続の増益が続く」という強気のエクイティストーリーは8月上旬以降の株価上昇で織り込まれ、低バリュエーションが修正されたと指摘。現在の株価は18年3月期同証券予想EV/EBITDAベースで10.9倍と過去5年高値平均11.1倍に近づくなどバリュエーション水準に割安感はないとした。モバイルゲーム市場における販売競争激化、ピークアウト感など懸念材料が見えており、株価上昇カタリストにも乏しいとする。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月24日(金)9時10分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン