ここから本文です

〔ロンドン株式〕小反落(23日)

11月24日(金)2時50分配信 時事通信

 【ロンドン時事】23日のロンドン株式市場の株価は小反落した。FT100種平均株価指数は前日終値比1.78ポイント(0.02%)安の7417.24で終了した。
 FT指数は終日さえない展開。朝方に下げた後は徐々に下げ幅を縮めたが、昼以降は前日引け値を挟んだ水準で小動きが続いた。
 オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「きょうのFT指数は横ばいだった。大まかに言えば前週あたりから続いた下落基調からの回復過程にあるが、市場には米国中心にリスク回避のムードも出ている。ただ、まだ私は楽観論を維持したい」と述べた。
 ガス・電力大手セントリカが15.49%安と急落。この日発表した最新の業績概況報告で顧客数の減少が明らかになり、大きく値を崩した。一方、病院経営のメディクリニック・インターナショナルは3.25%高。
 他の主な個別銘柄は、石油大手BPが3.05ペンス(0.61%)高の500.90ペンス、金融大手バークレイズが0.45ペンス(0.24%)安の188.75ペンス。鉱業大手アングロ・アメリカンは4.00ペンス(0.28%)高の1450.50ペンス。通信大手ボーダフォンは3.35ペンス(1.46%)安の225.40ペンスだった。(了)

最終更新:11月24日(金)5時26分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン