ここから本文です

日経平均テクニカル:こう着もシグナル好転へのハードルは切り下がる

11月22日(水)18時15分配信 フィスコ

続伸。ギャップ・アップからのスタートで5日線から上放れる格好となり、一時22600円を回復している。ただし、今週に入ってからは日中値幅が狭い状況が続いており、リバウンド基調ながらも手掛けづらさが意識される。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。バンドは収れんしてきており、次第に煮詰まり感が意識されやすい。一目均衡表では基準線と転換線に挟まれる格好での推移が続いていたが、転換線の切り下がりとともに、これを上放れている。遅行スパンも実線の上昇に沿った形で乖離を保って上昇している。パラボリックのSAR値は22676円近辺まで下げてきており、シグナル好転へのハードルは切り下がっている。こう着ながらも先高観が強い。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:11月22日(水)18時27分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン