ここから本文です

〔NY外為〕円、112円台半ば(21日朝)

11月21日(火)23時10分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】21日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、手掛かり材料に乏しく、1ドル=112円台半ばの水準で小動きとなっている。午前9時現在は112円40~50銭と、前日午後5時(112円57~67銭)比17銭の円高・ドル安。
 今週は米感謝祭(23日)を前に休暇入りムードが強く、積極的な商いは手控えられている。朝方は主要統計の発表などもなく、円相場は112円台半ばを中心とした狭いレンジを推移。目先の注目材料は、この日夕方のイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長によるパネル討論会での発言や、翌22日午後に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨となっている。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1715~1725ドル(前日午後5時は1.1727~1737ドル)、対円では同131円75~85銭(同132円14~24銭)。(了)

最終更新:11月22日(水)1時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン