ここから本文です

東京為替:ドル・円は一進一退、米長期金利はほぼ横ばい

11月20日(月)14時39分配信 フィスコ

 ドル・円は112円付近で一進一退の値動き。日経平均株価の軟調地合いや欧米株式先物のマイナス圏推移で、引き続き円買いに振れやすい地合いとなっている。一方、米10年債利回りは午前中から2.328%付近で横ばい推移が続き、ドル売りは仕掛けづらい状況だ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円89銭から112円20銭。ユーロ・円は131円17銭から132円31銭、ユーロ・ドルは1.1722ドルから1.1797ドルで推移。

《KK》
株式会社フィスコ

最終更新:11月20日(月)14時44分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン