ここから本文です

【来週の注目材料】感謝祭ウィーク

11月18日(土)17時10分配信 KlugFXニュース

 23日は米国の感謝祭(サンクスギビング)。
翌24日はブラックフライデー、米国の年末商戦スタートとなります。
なお、24日は祝日ではありませんが、週末と合わせて連休を取るケースが多く
株式・商品などは短縮取引で、為替も祝日のような動きになることが多いです。

 注目はブラックフライデーでの景気動向。
全米小売業協会(NRF)は、今年の年末商戦について
前年比3.6%~4.0%増になるという見通しを発表。
比較的堅調ですが、
昨年の4.0%増から若干鈍化から横ばいという見通しです。
なお、ハリケーンによる影響が不透明ということで、
例年とは違い、レンジでの予想となっています。

 オンラインでの売り上げ(こちらのセールは27日月曜日のサイバーマンデーから)は
前年比11-15%増が期待されており(昨年は12.6%増)、
こちらと合わせるとかなりの好調さを維持という印象です。

 米GDPの約7割を占める個人消費の動向をみるうえで
1年で最も売り上げが上がるといわれているブラックフライデーの状況は重要ですので
報道などには注意したいところ。
とはいえ、実際にデータとして出てくるのは少し先。
今週の取引としては、
木曜日が米国市場休場、金曜日の実質的に休場に近い形で
取引が少ない点に注意したいところです。
 
 比較的祝日の多い米国ですが
祝日でも外国為替市場に関しては、そこそこ参加者が残っていることが多いです。
しかし、感謝祭、クリスマス、イースターに関しては
お休みをきっちりととるケースが多いですから
気を付けたいところです。

最終更新:11月18日(土)17時10分

KlugFXニュース

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン