ここから本文です

東京為替:株安継続でドルは113円16銭まで下落

11月15日(水)11時04分配信 フィスコ

15日午前の東京市場でドル・円は113円16銭近辺で推移。日経平均株価は195円安で推移しており、下げ幅は再び拡大している。22000円近辺までの下げは自律調整の範囲内との見方はあるが、午後の取引でも株安が続いた場合、円買い・米ドル売りは増えるとみられている。ここまでのドル・円は113円16銭から113円49銭で推移。

・ユーロ・円は、133円65銭から133円89銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1786ドルから1.1802ドルで推移

■今後のポイント
・113円近辺で個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値55.09ドル 安値54.99ドル 直近値55.09ドル

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:11月15日(水)11時07分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン