ここから本文です

NY原油:反落で55.70ドル、IEAは2018年の石油需要見通し引き下げ

11月15日(水)7時37分配信 フィスコ

NY原油先物12月限は反落(NYMEX原油12月限終値:55.70 ↓1.06)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-1.06ドルの55.70ドルで取引を終えた。国際エネルギー機関(IEA)が2018年の石油需要見通しを引き下げたことが要因。石油輸出国機構(OPEC)主導による減産延長への期待はあるものの、2018年の世界の原油需要は想定以上に減少する可能性があることから、需給関係の大幅な改善は期待できないとの見方がさらに広がった。ロシアはOPEC主導の減産期間について態度を固めていないとの見方も出ており、原油先物は軟調推移となった。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:11月15日(水)7時54分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン