ここから本文です

15日の東京株式市場見通し=売り先行後、調整含みの展開か

11月15日(水)7時54分配信 モーニングスター

現在値
コマツ 3,691 +94
東芝 303 +13
京セラ 7,982 +53
CSランバ 1,972 -50
 予想レンジ:2万2100円-2万2400円(14日終値2万2380円01銭)

 15日の東京株式は売り先行後、調整含みの展開か。きのう14日の日経平均株価は、取引終了間際に下げ転換するなど、方向感の定まらない展開だった。株価指数に影響度の高い主要銘柄の決算発表が一巡し、手掛かり材料が乏しくなるなか、ポジション調整の売りが優勢になりそう。消去法的に、値動きの軽い中小型株へ物色の矛先が向かいそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=113円台の半ば(14日終値113円73-74銭)と円高に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=133円台の後半(同132円94-98銭)と円安に傾いている。14日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でコマツ <6301> 、東芝 <6502> 、京セラ <6971> などが、14日の東京終値に比べ安い。14日のシカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、14日の大阪取引所終値比125円安の2万2305円。(高橋克己)

15日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:50 7-9月期GDP(国内総生産)
・13:00 10月首都圏新規マンション発売
・16:00 10月訪日外客数
・IPO(新規上場)=シー・エス・ランバー(CSランバー) <7808> (ジャスダック)

【海外】(時間は日本時間)
・22:30 米10月消費者物価指数、米11月NY連銀製造業景気指数、米10月小売売上高
・ブラジル市場休場
・決算発表=(中国)テンセント(米国)ターゲット、シスコシステムズ

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月15日(水)7時54分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン