ここから本文です

日経平均は331円安、売買代金上位は任天堂、ソフトバンク、ソニーなど

11月15日(水)14時04分配信 モーニングスター

現在値
ADワーク 40 -1
SUMCO 3,075 +10
ソニー 5,320 +103
ティアック 46 ---
任天堂 44,950 +450
 15日午後2時時点の日経平均株価は、前日比331円73銭安の2万2048円28銭。後場は、前場終値2万2171円08銭(前日比208円93銭安)近辺で始まったが、株価指数先物売りをきっかけに下げ幅を拡大し、一時はこの日の安値となる2万2004円79銭(前日比375円22銭安)まで下落する場面があった。Globex(シカゴ先物取引システム)で米株価指数先物が軟調に推移し、重しとして意識された。売り一巡後はいったん下げ渋ったが、戻りは限定され、さえない展開となっている。

 午後2時時点で、東証1部の騰落銘柄数は値上がり110、値下がり1903。東証業種別株価指数では全33業種が値下がり。値下がり率上位3業種は、鉱業、石油石炭製品、鉄鋼。

午後2時ごろの出来高上位銘柄
・みずほ <8411>
・ティアック <6803>
・三菱UFJ <8306>
・ADワークス <3250>
・ランド <8918>

午後2時ごろの売買代金上位銘柄
・任天堂 <7974>
・ソフトバンク <9984>
・ソニー <6758>
・三菱UFJ <8306>
・SUMCO <3436>

提供:モーニングスター社

最終更新:11月15日(水)14時04分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン