ここから本文です

セイコーHDが年初来高値、通期業績予想の増額を好感

11月15日(水)13時15分配信 モーニングスター

現在値
セイコーH 3,060 +10
 セイコーHD <8050> が3日続伸。14日引け後の18年3月期上期の決算発表で通期業績予想を増額したことが確認され、株価は一時前日比115円高の2918円まで上伸。10月30日に付けた株式併合後高値であり実質的に年初来高値の2883円を更新している。

 上期は連結売上高1330億2700万円(前年同期比8.7%増)、営業利益68億9500万円(同2.2倍)。主要事業の「ウオッチ」、「電子デバイス」、「システムソリューション」がともに増収増益となったが、特に「電子デバイス」がスマートフォン向け半導体、半導体製造設備向け高機能金属製品などの伸びにより、営業利益が39億400万円(同3.2倍)となって全体をけん引。連結営業利益は通期予想の65億円を超過した。つれて会社側は、通期の予想営業利益を90億円(前期比20.2%増)に引き上げ、13.2%の減益予想から一転2ケタ増益としている。

 午後1時13分現在の株価は40円高の2843円。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月15日(水)13時15分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン