ここから本文です

大同メタル、18年3月期の利益予想を下方修正

11月15日(水)7時30分配信 モーニングスター

現在値
大同メ 973 -3
 大同メタル工業 <7245> が14日、18年3月期の連結利益予想を下方修正した。

 通期業績予想で、売上高を960億円から1010億円(前期比18.7%増)に引き上げたものの、営業利益は70億円から56億円(同9.7%増)に減額した。第2四半期(17年4-9月)までの業績動向や、足元の状況をを織り込んだ。前提となる為替レートは1ドル=105円から108円、1ユーロ=115円から128円に円安方向に見直している。

 18年3月期第2四半期(17年4-9月)の決算は、売上高が510億8500万円(前年同期比29.9%増)、営業利益が21億6300万円(同25.3%減)だった。主力の自動車関連では、積極的な拡販や新興国での販売回復が寄与。ただ、利益面では、グループ会社で発生した一時的な費用増加が重しとなった。

 14日終値は、前日比54円安の968円。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月15日(水)7時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン