ここから本文です

ジオネクスト、QUOカードの株主優待を新設!毎年12月末時点で2000株(20単元)以上を保有する株主に、一律「QUOカード」1000円分を贈呈へ!

11月15日(水)0時15分配信 ダイヤモンド・ザイ

ジオネクストはIT事業、ヘルスケア事業、エネルギー事業などを手掛ける企業。
拡大写真
ジオネクストはIT事業、ヘルスケア事業、エネルギー事業などを手掛ける企業。
 株式会社ジオネクストが株主優待を新設すると、2017年11月14日に発表した。

 ジオネクストが新設する株主優待は、毎年12月末時点の株主が対象で、内容は「2000株(20単元)以上を保有する株主に、QUOカード1000円分を贈呈」というもの。

 ジオネクストが株主優待を新設する目的は、「株主の皆様の日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式の投資の魅力を高め、中長期的に当社株式を保有していただくこと」とのことだ。

 今回新設された株主優待は、2017年12月末時点の株主から適用される。

ジオネクストが新設する株主優待の詳細と利回りは?

  ■ジオネクストが新設する株主優待の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  12月末
  2000株以上
  QUOカード1000円分

 ジオネクストの2017年11月14日時点の株価(終値)は47円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

 (2000株保有の場合)
投資金額:2000株×47円=9万4000円
優待品:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷9万4000円×100=1.06%

 ジオネクストが新設する株主優待の内容は、個人投資家に人気の「QUOカード」1000円分。20単元(2000株)の保有が必要だが、ジオネクストの11月14日の終値は47円なので、2000株の保有でも必要資金は10万円以下と投資しやすい。株主優待狙いで投資するのも手だが、同社は2016年に「上場廃止に係る猶予期間入り」銘柄に指定され、上場廃止を危ぶまれていた時期もある。2017年12月期は復調してきているが、投資する場合には今後の業績動向を注視しておく必要があるだろう。

 なお、ジオネクストはIT事業、ヘルスケア事業、エネルギー事業など、多角的な事業を展開する企業。2017年12月期の連結業績予想は、すべて前期比で売上高が278.7%増、営業利益146.4%増を見込む。

 ■ジオネクスト

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 情報・通信業
 3777
 JASDAQグロース
 12月末
 株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
 配当利回り
 47円
 100株
 4700円
 ―
 【ジオネクストの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2017年11月14日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
ザイ・オンライン編集部

最終更新:11月15日(水)14時15分

ダイヤモンド・ザイ

 

情報提供元(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

12月号:9月21日(土)

定価730円(税込)

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン