ここから本文です

【ディーラー発】豪ドル売り一服(東京午後)

11月15日(水)14時54分配信 セントラル短資FX

午前に強まった豪ドル売りの流れは一服し、豪ドル円は85円65銭付近の安値から85円90銭付近まで小幅に反発。ドル円は113円03銭付近まで下押しした後、買い戻しの動きが強まり113円23銭付近まで持ち直した。ただ、日経平均が下げ幅を拡大すると上値が抑えられ同水準で揉み合う状況。クロス円もユーロ円が133円50銭付近で、ポンド円が148円75銭付近で戻りが鈍い。また、ユーロドルは1.1790前後で方向感なく推移している。14時53分現在、ドル円113.204-214、ユーロ円133.452-472、ユーロドル1.17886-894で推移している。

最終更新:11月15日(水)14時54分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン