ここから本文です

〔シドニー外為〕米ドルは113円台半ば=豪ドルは86円台(15日午前8時半)

11月15日(水)6時35分配信 時事通信

 【シドニー時事】15日朝のシドニー外国為替市場の円相場は、前日の海外市場の流れを受けて1米ドル=113円台半ばで推移した。現地時間午前8時半現在、113円40~50銭(前日同時刻は113円55~65銭)。
 前日の米欧市場では目立った取引材料がない中、米ドル・円相場は小動きに終始した。
 オーストラリア・ドルも小動き。16日に発表される豪雇用統計が注目されている。1豪ドル=0.7630~7640米ドル(前日同時刻は0.7620~7630米ドル)、対円では86円50~60銭(同86円60~70銭)。
 ニュージーランド(NZ)ドルは、中国の軟調な統計を受けて下落した。1NZドル=0.6870~6880米ドル(同0.6900~6910米ドル)、対円は77円95~78円05銭(同78円35~45銭)。
 ユーロは、ドイツの堅調な国内総生産(GDP)統計を好感して上昇。1ユーロ=1.1790~1800米ドル(同1.1660~1670米ドル)、対円は133円70~80銭(同132円45~55銭)。(了)

最終更新:11月15日(水)9時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン