ここから本文です

ヨロズが年初来高値、18年3月期業績予想の上方修正と配当予想の増額を材料視

11月14日(火)12時05分配信 モーニングスター

現在値
ヨロズ 2,347 +26
 ヨロズ <7294> が続伸。一時211円高の2585円まで買われ、10月16日に付けた年初来高値2471円を更新した。13日引け後、18年3月期の連結業績予想の上方修正と期末配当予想の増額を発表、材料視された。

 通期業績予想で、売上高を1660億円から1730億円(前期比3.1%増)に引き上げ、営業利益は41億円から56億5000万円(同10.7%減)に減益幅が縮小する。第2四半期(17年4-9月)までの好調な業績進ちょくを踏まえ、業績予想の修正に進んだ。前提となる為替レートは、1ドル=110円、1メキシコペソ=5.85円、1ブラジルレアル=34.3円、1タイバーツ=3.25円、1元=16.4円、1インドルピー=1.7円、1000インドネシアルピア=8.2円としている。

 18年3月期第2四半期(17年4-9月)の決算は、売上高が857億900万円(前年同期比3.0%増)、営業利益が31億4800万円(同24.5%増)だった。

 配当については、中間期が従来の18円から25円(前期実績18円)に引き上げ、期末予想は19円から26円(同40円)に修正。年間配当は51円(同58円)となる見込み。

 前場終値は、前日比120円高の2494円。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月14日(火)12時05分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン