ここから本文です

カーリットホールディングス<4275>のフィスコ二期業績予想

10月28日(土)22時20分配信 フィスコ

現在値
カーリット 1,042 +7
※この業績予想は2017年10月16日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

カーリットホールディングス<4275>

3ヶ月後
予想株価
800円

老舗の化学会社。砕石・採掘向け産業用爆薬、自動車用緊急保安煙筒、漂白剤の塩素酸ナトリウム、合成樹脂原料、機能性材料などを扱う。飲料のボトリング事業やシリコンウウエハーにも展開。18.3期1Qは大幅増益。

産業用爆薬は低調。パルプ漂白用塩素酸ナトリウムなど化成品も冴えない。しかし、自動車用緊急保安煙筒・煙火材料などの化薬品や電子材料が健闘。18.3期は小幅増収で1桁台後半の増益へ。株価は緩やかな上昇基調に。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/49,000/1,450/1,500/800/33.80/10.00
19.3期連/F予/51,000/1,550/1,600/850/35.91/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/16
執筆者:HH
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:10月28日(土)22時20分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン