ここから本文です

欧州債(23日)=反発、カンリフBOE副総裁はハト派発言

10月24日(火)3時35分配信 トレーダーズ・ウェブ

◆独10年債利回り:0.432% -0.020
◆英10年債利回り:1.312% -0.019

 独長期債は反発(利回り低下)。26日に開かれる欧州中央銀行(ECB)の理事会で、テーパリングは延期されるという予測で、利回りは一時0.427%まで低下した。スペイン・カタルーニャの混乱は独債には大きな影響を与えることは無かった。
 英長期債は反発(利回り低下)。英国債も利回りが低下していたが、カンリフBOE(イングランド銀行)副総裁が11月の利上げに否定的な発言を繰り返したことで、一時1.298%まで利回りは低下した。
松井

最終更新:10月24日(火)3時35分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

個人投資家向けセミナー

個人投資家向けセミナー

DZHフィナンシャルリサーチ

これからどうなる日本株

12月2日(土)14時30分から

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン