ここから本文です

NY株式:ダウ165ドル高、税制改革への期待強まる

10月21日(土)8時31分配信 フィスコ

20日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は165.59ドル高の23328.63、ナスダックは23.99ポイント高の6629.05で取引を終了した。米上院で18年度予算案が可決され、税制改革への実現期待が強まり、買いが先行。7-9月期の堅調な企業決算を受けて投資家心理が改善したほか、長期金利の上昇も好感され、終日堅調推移となった。ダウ、S$P500、ナスダック総合指数が最高値を更新した。セクター別では、銀行や食品・生活必需品小売が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や医薬品・バイオテクノロジーが下落した。

運動靴メーカーのスケッチャーズUSA(SKX)は市場予想を上回る決算を発表し、40%近い大幅上昇。複合企業のハネウェル・インターナショナル(HON)や決済サービスのペイパル(PYPL)も決算内容が好感され、堅調推移。航空機のボーイング(BA)は中国南方航空が航空機38機を購入し、買われた。米国債利回りの上昇を受けて、ゴールドマンサックス(GS)やJPモルガン(JPM)などの金融関連企業が上昇。一方で、家庭用品のプロクター&ギャンブル(PG)は決算で売上が小幅増収にとどまり、下落した。

次期FRB(米連邦準備制度理事会)議長の行方に注目が集まっている。FRB議長候補は5名となりタカ派・ハト派が入り混じっており、将来の金利動向を見極めるために同人事は重要だ。一方で、タカ派の議長が選出された場合でも、株式相場の上昇を反落させるほどの影響はないだろう。

Horiko Capital Management LLC

《TM》
株式会社フィスコ

最終更新:10月21日(土)8時31分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン