ここから本文です

日経平均テクニカル:日経平均は過熱警戒も週明けの15連騰を意識

10月19日(木)18時15分配信 フィスコ

13営業日続伸で連日の年初来高値を更新。1988年2月10日から2月27日にかけての13連騰に顔合わせした。引き続き上昇する5日線を支持線とした強いトレンドが継続している。日中はこう着感の強い相場展開が続いており、連日で十字足に近い形状となっている。もっとも、節目の21500円回復でいったんは達成感が意識されやすいほか、ボリンジャーバンドでは、+1σと+2σとのレンジで推移するなか、引き続き+2σの切り上がりに沿った形での上昇が続いている。ただし、+2σを大きく上放れる流れにもならず、じり高基調が続くことでシグナルとしては過熱感が高まる状況にはない。もっとも、週間形状のボリンジャーバンドでは+3σまで上昇しており、強いトレンドではあるが、いったんは日柄調整が欲しいところであろう。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:10月19日(木)19時05分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン