ここから本文です

東亜DKKが大幅高で年初来高値を更新、18年3月期上期業績予想の増額を好感

10月18日(水)14時32分配信 モーニングスター

現在値
東亜DKK 833 +4
 東亜ディーケーケー <6848> が大幅高で3日続伸。17日引け後に行った18年3月期上期の連結業績予想の増額が好感され、株価は一時前日比91円高の901円まで上伸。5日に付けた年初来高値828円を更新している。

 上期について、売上高を従来の66億円から67億7900万円(前年同期比6.3%増)に、営業利益を4億3000万円から5億4800万円(同51.8%増)にそれぞれ増額。国内では主力の環境・プロセス機器の販売が好調で、医療関連機器の受注も増加。海外は中国中心のアジアが伸長し、全体としてコスト削減、製品ミックスの改善も進んだ。

 通期の予想売上高150億円(前期比3.8%増)、営業利益14億7000万円(同7.7%増)は据え置いたが、経営環境を踏まえ、修正が必要な場合には適時に開示するとしている。

 午後2時22分現在の株価は43円高の853円。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月18日(水)14時32分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン