ここから本文です

【ディーラー発】ドル円反落(NY午後)

10月18日(水)4時40分配信 セントラル短資FX

午後に入り、ドル円は史上初の23000ドルを突破したNYダウの伸び悩みや米債利回りの上昇幅縮小に押され112円12銭付近まで反落。一方、ユーロドルが1.1774付近まで下値を切り上げ、ポンドドルは1.31後半で下げ渋るなどドル買いの流れが一巡。また、「NAFTA交渉、期限を2017年末から延長」等の報道を受け、NAFTA協定破綻への警戒感が後退しカナダドルの買い戻しが強まるとカナダ円は89円61銭付近まで反発、ドルカナダは1.2518付近まで値を落としている。4時40分現在、ドル円112.182-192、ユーロ円132.038-058、ユーロドル1.17700-708で推移している。

最終更新:10月18日(水)4時40分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン