ここから本文です

【ディーラー発】ドル買い先行(NY午前)

10月18日(水)0時42分配信 セントラル短資FX

米輸出入物価指数の上振れに伴い、米利上げ期待が再燃しドル買いが先行。ドル円が米債利回りの上昇も後押しとなり112円47銭付近まで上伸した一方、ユーロドルは1.1735付近まで、ポンドドルは1.3153付近まで下値を模索。そうした中、「カナダとメキシコ、米国提示のNAFTA案を拒否」との報道が材料視されカナダ円が一時89円18銭付近まで急落、ドルカナダは1.2590付近まで上昇する場面がみられた。0時41分現在、ドル円112.310-320、ユーロ円131.992-012、ユーロドル1.17525-533で推移している。

最終更新:10月18日(水)0時42分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン