ここから本文です

アジア株 総じて上昇、韓国株は高値更新後に反落

10月13日(金)18時27分配信 KlugFXニュース

東京時間18:17現在
香港ハンセン指数   28476.43(+17.40 +0.06%)
中国上海総合指数  3390.52(+4.42 +0.13%)
台湾加権指数     10724.09(+12.65 +0.12%)
韓国総合株価指数  2473.62(-1.14 -0.05%)
豪ASX200指数    5814.15(+19.69 +0.34%)
インドSENSEX30種  32467.74(+285.52 +0.89%)

 13日のアジア株は、総じて上昇。韓国株は朝方に買われて6日続伸となり、過去最高値を更新した後、利益確定の売りに押された。台湾株は売り優勢で推移した後、終盤に上昇に転じた。他市場はおおむね堅調な動きを見せた。タイ市場は休場。

 上海総合指数は小反発。酒造会社の貴州茅臺酒、石炭エネルギー会社のチャイナ・シェンファ・エナジー、鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄が買われる一方で、化学品メーカーの万華化学集団、乳製品メーカーの内蒙古伊利実業集団が売られた。
   
 香港ハンセン指数はもみ合い。電子部品メーカーの瑞声科技(AACテクノロジーズ・ホールディングス)、保険会社のAIAグループが買われる一方で、携帯電話サービスのチャイナ・モバイル、通信サービスのテンセント・ホールディングスが売られた。
   
 豪ASX200指数は小幅続伸。電気通信サービス、公益事業、生活必需品中心に上昇した。通信会社のテルストラ・コーポレーション、電気通信会社のコーラス、エネルギー会社のAGLエナジー、天然ガス輸送パイプライン運営会社のAPAグループ、小売大手のウールワースが買われた。

最終更新:10月13日(金)18時27分

KlugFXニュース

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン