ここから本文です

神戸鋼---大幅反落、品質データ改ざん問題の広がりを警戒視

10月13日(金)10時56分配信 フィスコ

現在値
神戸鋼 827 -26
神戸鋼<5406>は大幅反落。海外で生産する線材でも、品質データを書き換えて出荷していたことが明らかになったと伝わっている。データ改ざん問題は、アルミや銅製品のほか、鉄粉やターゲット材などでも確認されており、一段と広がりを見せる形に。信用失墜による中期的な業績への影響が懸念されるほか、ユーザーからのコスト負担要請の動きも見られ始めており、前日に見られたリバウンド狙いの動きなども手控えられる状況に。《WA》
株式会社フィスコ

最終更新:10月13日(金)10時58分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン