ここから本文です

日経平均は63円高、構成銘柄ではSUMCO、ファーストリテ、安川電機などが値上がり率上位

10月13日(金)11時02分配信 モーニングスター

現在値
SUMCO 1,903 -3
トクヤマ 2,595 -8
神戸鋼 827 -26
大平洋金 3,200 -45
安川電 3,940 -30
 13日午前10時59分時点の日経平均株価は前日比63円02銭高の2万1017円74銭。取引時間中での2万1000円回復は1996年12月6日以来20年10カ月ぶりとなる。寄り付きは日経平均ミニ先物・オプション10月限のSQ(特別清算指数)算出に絡んだ買いが先行し、強含んで始まったが、その後、12日の米国株安が重しとなり、下げに転じる場面があった。売り一巡後は、決算期待などを支えに買い気は根強く再びプラス圏に入り、堅調に推移している。なかで、指数寄与度の高いファーストリテ <9983> が好業績発表を受けて上昇し、指数を支えている面もある。

 日経平均構成銘柄では、SUMCO <3436> 、ファーストリテ <9983> 、安川電機 <6506> などが値上がり率上位。半面、神戸鋼 <5406> 、大平金属 <5541> 、トクヤマ <4043> などが値下がり率上位。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月13日(金)11時02分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン

市況・概況アクセスランキング