ここから本文です

ドルは上値の重さが続く、クロス円はまちまち

10月13日(金)22時50分配信 トレーダーズ・ウェブ

 米9月消費物価指数の発表後から弱含みで推移しているドルは、米株式市場がオープン後も上値の重い展開が続いている。ドル円は111.70円近辺、ユーロドルが1.1870ドル付近、ポンドドルが1.33ドル前半でそれぞれ本日のドル安値圏で推移。豪ドル/ドルが0.7897ドル、NZドル/ドルは0.7196ドルまで上値を伸ばした。
 一方でクロス円はまちまち。ユーロ円が132円半ばで小じっかりだが、ポンド円は149円台で頭を抑えられた。オセアニア通貨は堅調で、豪ドル円が88.24円、NZドル円は80.40円と本日の高値を更新している。
小針

最終更新:10月13日(金)22時50分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン