ここから本文です

【今夜の注目材料】9月米消費者物価指数

10月13日(金)16時18分配信 サーチナ

東京市場のドル/円は、日経平均が上昇するも反応は薄く、112.00円台までやや値を下げました。(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
東京市場のドル/円は、日経平均が上昇するも反応は薄く、112.00円台までやや値を下げました。(イメージ写真提供:123RF)
 東京市場のドル/円は、日経平均が上昇するも反応は薄く、112.00円台までやや値を下げました。
 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。
10/13(金)
18:30☆メルシュECB理事、講演
19:45 バンク・オブ・アメリカ決算
21:00 ウェルズ・ファーゴ決算
21:30☆9月米消費者物価指数
21:30☆9月米小売売上高
21:30 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
23:00 10月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報
23:00 8月米企業在庫
23:15☆コンスタンシオECB副総裁、講演
23:25 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
24:30 カプラン米ダラス連銀総裁、講演
--:--G20財務相・中央銀行総裁会議(12日~)
--:--IMF・世銀年次総会(~15日)
※☆は特に注目の材料
 米国で9月消費者物価指数が発表されます。
 市場予想は前年比+2.3%、コア・前年比+1.8%と、8月(+1.9%、+1.7%)より伸びが加速する見通しです。
 米年内利上げ期待が浮上する中、予想を上回る伸びとなればドル/円相場の押し上げ要因となりそうです。
 同時刻に発表される9月小売売上高にも注目です。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.600-112.700円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:10月13日(金)16時18分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース