ここから本文です

13日香港株=売り先行か、高値警戒感が重し 様子見気分も

10月13日(金)9時51分配信 トレーダーズ・ウェブ

 13日の香港市場は売り先行か。前日のNY市場で主要3指数はそろって取引時間中の史上最高値を更新したものの、いずれも小幅安で終了した。相場全体を動かす材料に乏しい中、目先の利益を確定する売りが出た。香港市場でもハンセン指数は2007年12月以来の高値圏で推移しており、高値警戒感が相場の重しとなりそうだ。また、きょうから週明けにかけて中国の9月貿易統計と物価統計の発表を控え、様子見気分が広がる可能性がある。

 一方、下値は底堅いと予想する。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録がややハト派的な内容だったことを受けて米利上げベースが鈍化するとの見方が浮上し、米長期金利の指標である米10年債利回りが低下。新興国市場からの資金流出懸念は後退している。加えて、18日開幕の中国共産党大会を控え、当局が相場の安定を維持するとの思惑も下値を支えよう。

 12日の香港株の米国預託証券(ADR)は、時価総額上位で欧州金融大手のHSBC(00005)、IT大手のテンセント(00700)、本土国有銀行の中国建設銀行(00939)、通信キャリアのチャイナ・モバイル(00941)が香港終値を下回った半面、アジア生保のAIAグループ(01299)が上回って引けた。一方、きょう発表される中国の9月貿易統計は、米ドル建て輸出の市場予想が前年同期比10.0%増(前月実績は5.5%増)、輸入が14.7%増(同13.3%増)。

最終更新:10月13日(金)9時51分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン