ここから本文です

12日の要人発言=ECB総裁「資産購入終了後も低金利を維持」

10月13日(金)9時38分配信 トレーダーズ・ウェブ

エルドアン・トルコ大統領
「米国の査証(ビザ)の決定は、真実からも公平性からもかけ離れている」

トランプ米大統領
「税制改革で民主党の一部議員の支持を得る可能性」
「レパトリ減税率は10%か、下回る可能性」
「北朝鮮情勢は継続させるわけにはいかないし、どうなるか見ることになるだろう」
「中国は、これまで北朝鮮に関しては非常に協力的だった」

バシリアウスカス・リトアニア中銀総裁
「量的金融緩和策の正常化は前例がなく、非常に厳しい道程となる」

デービス英EU(欧州連合)離脱担当相
「英国在住のEU市民は完全に新しく、合理的で、低コストの登録システムを持てる」
「英国は将来の関係について話し合う準備ができている」
「良い取引ができなければ、政府は代替案を準備

バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
「取引が無いことは、悪い取引」
「ブレグジットの話し合いは建設的だったが、何も前進はしなかった」
「我々は袋小路に入った」
「英国に対し2年のEU市場アクセス維持と移行期間提案への支持を、EU加盟国に求める」

ムニューシン米財務長官
「FRB議長は来月までに決定するかもしれない」

ワイトマン独連銀総裁
「低金利政策は長く続けるべきではない」

米政府
「UNESCO(国連教育科学文化機関)の脱退を正式に通知」

メルケル独首相
「ブレグジット交渉では、ドイツにできるだけダメージが無いように行動する」

パウエルFRB理事
「政策の正常化は緩やかに継続」
「FRBのドットプロットと市場の織り込み度の比較には注意が必要」

プラートECB理事
「堅調で柔軟な景気回復により、インフレ目標が達成されることに自信を持っている」

ドラギECB総裁
「ECBの低金利、量的金融緩和政策はうまくいっている」
「賃金の上昇がみられるが、まだ不十分だ」
「資産購入終了後も政策金利は低水準を維持」

ジョンソン英外務相
「ブレグジット交渉に対して楽観的だが、我々はNO-DEALとなる準備も必要」

ブレイナードFRB理事
「低インフレは長引く可能性」
「インフレ目標を超えるまでは、利上げ実施を見送るべき」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「利上げは金融政策のミスとなる危険性」
「FRBはインフレ目標を守るべき、さもないと信頼性を失う」
「金利が1990年代や2000年初期のころに戻ると考えるのは、現実否定」

ケリー米大統領首席補佐官
「今の時点では、北朝鮮の脅威は管理可能だ」
「FRB議長の人事決定はまだ先になるだろう」

クーレECB理事
「中央銀行が大きなバランスシートを保持することは、金融仲介としての影響を弱める」

黒田日銀総裁
「全ての中央銀行が同じ方向性の金融政策を実施する必要はない」
「G20メンバーには、日銀が現状の金融緩和政策を維持することを伝えた」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「12月の利上げが適切」
「2018年は3回の利上げが適切になる可能性」
関口

最終更新:10月13日(金)9時38分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン