ここから本文です

今日の株式見通し=米国株反落は重しも底堅い展開か

10月13日(金)8時39分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場はもみ合いか。欧州株はまちまちで米国株は軟調。米国では決算を発表した金融株が売りに押される展開。主要3指数はそろって取引時間中の史上最高値を更新したものの失速し、下落で終えた。ドル円はポンド乱高下の影響を受けたが足元では112円20銭近辺と、きのうの取引時間の水準からはやや円高といった程度の動き。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて30円高の20980円、ドル建てが65円高の21015円で取引を終えた。

 序盤はSQに絡む売買で荒い動きが出てくる可能性もある。米国株は下げたとはいえ下げ幅は小幅で、決算で下げたシティグループやJPモルガン・チェースも、決算内容自体は良好であった。海外からは買い材料には乏しいものの、大きく売る材料もない。きのう決算を発表したファーストリテイリングやセブン&アイはADRでは上昇している。週末で積極的に上値を追うような流れにはなりづらいとみるが、日本株は足元の地合いの強さもあり、底堅い動きが続くと予想する。日経平均の予想レンジは20850円-21050円。

最終更新:10月13日(金)8時39分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン