ここから本文です

〔ロンドン株式〕反発=最高値更新(12日)

10月13日(金)1時39分配信 時事通信

 【ロンドン時事】12日のロンドン株式市場の株価は反発。FT100種平均株価指数は前日終値比22.43ポイント(0.30%)高の7556.24と過去最高値を更新して終了した。
 FT指数は朝からおおむね堅調に推移し、構成銘柄全体の8割がプラスで引けた。IGグループのアナリスト、クリス・ボーチャンプ氏は「英国と欧州連合(EU)の離脱交渉後の記者会見を受けてポンド相場が急落し、海外展開する企業の収益改善を期待した買いが入った。世界経済の回復期待も鉱業株などの買いにつながり、FT指数が押し上げられた」と指摘した。
 資産運用会社のセントジェームスズ・プレイスが4.07%高、同業のハーグリーブズ・ランズダウンが2.67%高。高級衣類バーバリーが2.65%高だった。一方、最高経営責任者(CEO)交代を発表した金融大手HSBCホールディングスは1.50%安。同業のスタンダード・チャータードは0.85%安だった。
 他の主な個別銘柄では、石油大手BPが2.80ペンス(0.57%)高の491.45ペンス、金融大手バークレイズが2.65ペンス(1.39%)高の193.05ペンス。鉱業大手アングロ・アメリカンは1.50ペンス(0.10%)高の1443.50ペンス。(了)

最終更新:10月13日(金)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン