ここから本文です

ジャスダック上場の“出遅れ新興株”2銘柄を公開!2期連続で営業増益達成でも、20万円以下で投資できる「大化け期待の中小型株」をスクリーニングで発掘!

10月12日(木)21時20分配信 ダイヤモンド・ザイ

写真:ザイ・オンライン
拡大写真
写真:ザイ・オンライン
 「ジャスダック市場に上場している」「営業利益が2期連続でプラス」「最低購入額が20万円以下」など、5つの条件で抽出された中小型株から、注目の2銘柄を紹介! 

 ダイヤモンド・ザイでは、毎月5つの注目銘柄を紹介する「今月の株スクリーニング5」を掲載。フィスコの村瀬智一さんに、これから上昇する株の「5つのスクリーニング条件」を挙げてもらい、実際にそのスクリーニング条件で抽出された銘柄を、ランキング形式で紹介している。

 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号では、今勢いのあるジャスダック市場に上場する銘柄のうち、好業績で、なおかつ個人が買いやすい価格帯の中小型株を抽出し、5位までのランキングを作成。ここではその中から、1位と2位の銘柄をピックアップする。

好業績だが出遅れ感がある「ジャスダック5銘柄」を5つの条件からスクリーニング!

「日経ジャスダック平均株価」は9月末から5日連続で新高値を付けた以降も3600円台で推移し、株式市場の中でもがぜん注目を集めている。しかも、ジャスダック市場には、今後、成長産業が大きく変わったり、新たなサービスを開発したりすることで「大化け」が期待できる、フットワークの軽い新興企業が数多く上場しており、ジャスダック市場にさらに関心が高まることが期待できる。また、外部環境が不透明な状況では、東証1部上場の大型株は海外勢が売り越し基調となるため、ジャスダックなど新興市場の需給が良好な中小型株への個人主体の資金流入はこの先も続きそうだ。 そこで今回の「スクリーニング条件」は、出遅れ感のあるジャスダック銘柄に注目。同市場の上昇基調が強まった8月半ば以降に比較的弱い値動きだった銘柄で、「営業利益の変化率が2期連続でプラス」「最低購入額が20万円以下」などの条件を満たす企業を選んだ。それらを5つに整理すると以下のようになる。

 【条件1】
いま注目が高い市場に属している
⇒ジャスダック市場に上場
 好調の日経ジャスダック平均株価を受け、同市場に属する銘柄への関心が高まっている。

 【条件2】 
買いやすく追加投資もしやすい
⇒最低購入額が20万円以下
 株価上昇で値がさ株が増えている中、比較的少額で買える株は個人投資家の人気を集めやすい。また、追加投資もしやすい。

 【条件3】 
株価の上昇スピードが速い
⇒時価総額が500億円以下
 機関投資家が買いの主体となる大型株よりは、個人が主体の中小型株の方が、より株価への反応が素早く明確に表れてくる。

 【条件4】 
好業績を継続
⇒2期連続で営業増益を達成している
 今期予想を含んで2期連続で、本業の儲けが増加している株を選んだ。

 【条件5】
市場全体よりも出遅れ感がある
⇒日経ジャスダック平均株価の上昇時にまだ上昇していない
 日経ジャスダック平均株価が上昇している間に調整している銘柄には、相対的な出遅れ感がある。

条件に当てはまり、「営業増益」が特に高い2銘柄を紹介!

 さて、ダイヤモンド・ザイ11月号では、ここで紹介した5つのスクリーニング条件にあてはまった銘柄から、【条件4】で挙げた「2期以上の営業増益」が高い順に、1位から5位までのランキングを作成している。ここではそのうちの1位と2位の銘柄を紹介しよう。

 まず、第1位となったのが「カーメイト(7297)」。カー用品の総合メーカー。アウトドア・レジャー・スポーツ用品、介護関連事業も手掛ける。

 第1四半期は主力のカー用品などが減収となったが、介護関連事業の売上が増加しており、新たな柱となりそう。また、新興国市場への積極的な展開を行なって、海外売上の拡大に注力していることから成長期待が高い。なお、売上と利益は第3四半期に集中する傾向がある。

 続いて第2位は「イハラサイエンス(5999)」。継手やバルブなど配管システムを手掛ける。第1四半期は2ケタ増収増益。主要顧客の半導体や液晶製造装置メーカーで設備投資が拡大しているため、配管システムの需要が順調に増加している。

 また、工作機械、産業機械、建設機械分野でも、国内需要が堅調に推移。半導体・液晶製造装置等の高純度ガス系に使用される自動溶接機対応の継手が、今後の成長を担いそうだ。

 (※関連記事はこちら! )
⇒株初心者におすすめの「10万円株」2銘柄を紹介! 投資のプロが「強気」とした「弁護士ドットコム」と「買い」と診断された「セブン銀行」の成長余地は? 

スクリーニング条件にあてはまるその他の銘柄はダイヤモンド・ザイ11月号をチェック!

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ11月号の「今月の株スクリーニング5」のなかから、注目銘柄を見つけ出すためのスクリーニング条件と、その条件の1つである「好業績を継続(2期連続で営業増益)」で上位となった2銘柄を紹介した。ダイヤモンド・ザイ11月号では、ほかにもスクリーニング条件に合致する3銘柄を紹介しているので、チェックしてみてほしい。

また、ダイヤモンド・ザイ11月号では「今買う10倍株 ベスト67」を大特集!  「10倍株」を多く輩出する3つのテーマに注目し、個人投資家が今本当に買うべき銘柄を厳選して大公開している。ほかにも、「買っていい×買ってはいけない! 人気の株500+Jリート14 激辛診断」「10月から申込みスタート! つみたてNISAのオトクな使い方! 」「長期で値上がりを狙う厳選投信18本」「NISAの残り枠を使い倒せ!  3万円以下で買える株 ベスト9」など、今月もお得な情報を盛りだくさん。 別冊付録は、3カ月使い倒せる保存版の株主優待名人・桐谷さんも大活用する「全3650銘柄の最新理論株価」と、自分の持ち株や気になる株の割安度を定期的にウォッチしたい人には必見の内容だ。

 ダイヤモンド・ザイ11月号は、全国の書店やアマゾン、楽天ブックスにて好評発売中! 
ザイ編集部

最終更新:11時05分

ダイヤモンド・ザイ

 

情報提供元(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

12月号:9月21日(土)

定価730円(税込)

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン