ここから本文です

ローツェが18年2月期業績予想を上方修正、ガラス基板関連自動化装置など伸長

10月10日(火)16時46分配信 みんなの株式

現在値
ローツェ 2,842 -69
 ローツェ <6323> がこの日の取引終了後、18年2月期の連結業績予想について、売上高を443億1300万円から468億8700万円(前期比89.5%増)へ、営業利益を42億2300万円から47億1300万円(同3.1%増)へ、純利益を21億4100万円から30億1100万円(同1.4%減)へ上方修正した。

 韓国子会社でガラス基板関連自動化装置の売り上げが順調に推移し、上期業績が計画を上振れたことが要因。また下期についても、デバイスメーカーや製造装置メーカー、ウエハーメーカーなどの積極的な設備投資需要を背景に、主力製品のウエハー搬送機の受注・販売が増加する見通しであることも寄与する。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(3~8月)決算は、売上高353億4700万円(前年同期比3.8倍)、営業利益33億3400万円(同55.2%増)、純利益21億4200万円(同30.5%増)だった。

 また、あわせてアルミ部品の加工、製品の製造・組立を行うベトナム工場を増築すると発表した。これによりクリーンルーム床面積は現在の約1.6倍、加工部門の床面積は1.3倍になり、生産能力はシステム製品で約2.6倍になると見込んでいる。



みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:10月10日(火)16時46分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン