ここから本文です

豪ドル週間見通し:もみ合いか、中銀の半期金融安定報告などに注目

10月7日(土)14時59分配信 フィスコ

■弱含み、8月小売売上高は予想外の減少

先週の豪ドル・円は弱含み。8月小売売上高は予想外の減少を記録したことや、豪準備銀行(中央銀行)は声明で通貨高に対する懸念を改めて表明したことが要因。米国の年内追加利上げの可能性が高まり、豪ドル売り・米ドル買いが優勢となったことも対円レートを圧迫した。取引レンジ:87円40銭-88円74銭。

■もみ合いか、中銀の半期金融安定報告などに注目

今週の豪ドル・円はもみ合いか。豪準備銀行(中央銀行)は利上げには当面慎重な姿勢を示唆していることや、豪ドル高は経済を圧迫すると指摘していることから、豪ドルは買いにくい。豪準備銀行の半期金融安定報告が注目される。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・13日:豪準備銀行の半期金融安定報告

予想レンジ:86円00銭-89円00銭


《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:10月7日(土)15時24分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン