ここから本文です

新東工が反発、仏セラミックス用3Dプリンターメーカーを買収へ

10月6日(金)11時21分配信 みんなの株式

現在値
新東工 1,379 -1
 新東工業 <6339> が反発している。5日の取引終了後、セラミックス用3Dプリンター装置・材料の製造販売を行う仏3Dセラム社の株式75%を約13億2900万円で取得し、10月下旬に子会社化すると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。

 新東工業のセラミックス事業は大部分が液晶・半導体分野向けだが、同事業拡大のためには、新しい成形技術の導入が必要と判断したことが今回の株式取得の要因。3Dセラム社は、仏国立科学研究センターの一部門である国立セラミック・表面処理研究所との密接な関係や、スラリー積層式で装置、材料および受託製造を行っており、新東工業では今後成長が見込まれるセラミックス積層造形市場で事業拡大の体制確立を目指すとしている。



みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:10月6日(金)11時21分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン