ここから本文です

週間為替展望(ドル/ユーロ)-北朝鮮情勢と米為替報告書に注目

10月6日(金)20時02分配信 トレーダーズ・ウェブ

◆ドル円は伸び悩みか、朝鮮半島情勢と米為替報告書への警戒感で
◆衆議院解散・総選挙は株高・円安要因も、与党惨敗のリスクシナリオにも要警戒
◆ユーロは政治問題への警戒感と資産購入プログラム延長の可能性から軟調な推移か
(国際金融情報部・山下政比呂)

予想レンジ
ドル円 109.00-114.00円
ユーロドル 1.1400-1.1900ドル

10月9日週の展望
 ドル円は伸び悩むか。ドル円は、衆議院解散・総選挙、日米金融政策の乖離、トランプ政権の税制改革への期待感から強含みに推移しているものの、朝鮮半島を巡る地政学リスクが払しょくされず伸び悩む展開を予想する。10日に衆議院解散が公示されて22日に投開票が行われるが、過去のパターンでは株高で推移しており円安要因となっている。リスクシナリオは、与党が惨敗して安倍首相が退陣に追い込まれるケースであり、アベノミクスによる日本株高・円安の巻き戻しが警戒される。
 北朝鮮が10日の朝鮮労働党創建72周年記念日から18日の中国共産党大会にかけて、太平洋上での水爆実験強行や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を警告している。北朝鮮が警告通りに強行した場合、マティス米国防長官は軍事行動の可能性を警告している。朝鮮半島で軍事衝突が始まるなら円買い要因となる。10月15日前後に米財務省が発表する為替報告書の結果次第では、16日に開催される日米経済対話で、日本に対する貿易不均衡是正圧力が高まることが考えられる。これもドル円の上値を抑える要因となる。
 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の任期は来年2月までである。10月中に次期FRB議長が決まる可能性があるが、「ハード・マネー・ホーク」といわれたウォルシュ元FRB理事ならばドル買い要因、ハト派のパウエルFRB理事、コーン米国家経済会議(NEC)委員長ならばドル売り要因、イエレンFRB議長の留任ならば中立要因となる。
 ユーロドルは軟調な推移を予想する。26日の欧州中央銀行(ECB)理事会でのテーパリング表明が示唆されているが、期間再延長の選択肢が残されていることに加え、複数のECB高官がインフレ抑制や景況感悪化につながるユーロ高への警戒感を示していることで上値は限定的か。さらに、メルケル独首相の連立政権協議が難航していること、スペインのカタルーニャ州の独立問題なども売り要因となる。ユーロ円は、衆議院解散・総選挙や日欧金融政策の乖離は買い材料だが、ECBが資産買入期間を延長する可能性があることに加え、ドイツとスペインの政治問題やECBのユーロ高けん制、朝鮮半島情勢を巡るリスク回避の円買いなどで上値は限定的か。

10月2日週の回顧
 12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げされるとの見方が強まった。米10年債利回りが2.36%まで上昇し、衆議院解散・総選挙に向けて日経平均株価が年初来高値を更新したこともあり、ドル円は112.40円から113.20円まで上昇した。
ユーロドルは下落。26日のECB理事会で資産購入プログラムの期間が延長される可能性があることに加え、12月FOMCでの追加利上げ観測、ドイツの連立協議難航、スペインのカタルーニャ州独立問題などで、1.1820ドルから1.1696ドルまで下落した。ユーロ円は、ユーロドルの下落に連れ安となり、134.24円から131.75円まで下落した。(了)

最終更新:10月6日(金)20時02分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン