ここから本文です

日経平均テクニカル:過熱感は和らぐ

9月26日(火)18時20分配信 フィスコ

反落。5日線を挟んでのこう着となり、5日線での攻防が続いた。これで4営業日連続で陰線を形成しており、20400円処からの上値の重さが意識されやすい。一方で、これまでのもち合いレンジである20000-20200円のレンジは上回っており、需給状況は良好である。ボリンジャーバンドでは+2σを下回ってきており、過熱感は後退している。週間形状でのボリンジャーバンドは+1σと+2σとのレンジで推移しており、+1σが支持線として意識されている。これを下回ってくるようだと13週線が位置する19860円処が意識されてくるため、こう着ながらも現在の水準で踏ん張りをみせておきたいところである。引き続き価格帯別出来高で商いが積み上がっている20000-20200円処を支持線に下値を固めつつ、15年6月高値(20868円)突破を意識したトレンド形成を意識しておきたいところではある。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:9月26日(火)18時22分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン