ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=原油高、どこまで下値の支えになるか

9月26日(火)17時58分配信 モーニングスター

 米国株は前営業日、フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベットなどFANG銘柄関連を中心に下落。ダウ工業株30種平均は53.50ドル(0.2%)安の2万2296.09ドルで終了した。

 上昇が続いたことによる利益確定が増えたことに加え、7-9月期決算が近づき、いったん手じまいしようとの動きが増えてきた可能性もある。ただ、きのうはニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)期近物の上昇を石油関連株が堅調に推移。株価の下支えとなった。

 この原油高はイラク北部クルド自治政府が独立の是非を問うため実施した住民投票に対しトルコがクルド人自治区から原油輸出を止める動きを見せたことが要因。調整局面の雰囲気の漂う米国株だが、足元はこの原油高がどこまで支えになるかだろう。

 米経済指標は7月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、8月新築住宅販売件数、9月消費者信頼感指数、9月リッチモンド連銀製造業指数。

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月26日(火)17時58分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン