ここから本文です

お金持ちは運動好き?リッチな人の健康習慣って?

9月26日(火)21時40分配信 あるじゃん(All About マネー)

◆お金持ちは体を動かすのが好き?

運動習慣と収入には比例関係にあると言われることがあります。そこで私の周りを見わたしてみると、全員ではありませんが、確かに比較的よく身体を動かす人が多い傾向が見られます。
拡大写真
運動習慣と収入には比例関係にあると言われることがあります。そこで私の周りを見わたしてみると、全員ではありませんが、確かに比較的よく身体を動かす人が多い傾向が見られます。
運動習慣と収入には比例関係にあると言われることがあります。そこで私の周りのお金持ちの習慣をチェックしてみると、全員ではありませんが、確かに比較的よく身体を動かす人が多い傾向が見られます。

それはスポーツクラブに行ったり毎日ジョギングするといったことだけではなく、日常生活の中で身体を使っているということです。たとえば若手で高所得者の多くはせっかちで、エレベーターを待てずに階段を使いますし、歩くスピードも速い。

これを単に「性格の問題だろ」と割り切るのはもったいない。なぜなら、運動の効用は医学的にも認められているからです。運動は体温を上昇させ血流を良くする効果があります。日中に十分な活動をして体温を上げておくことは、良質な睡眠にも貢献します。

また、運動が栄養の吸収を助けることもわかっていて、たとえば歩いたり走ったりするときの着地衝撃により、カルシウムが骨に沈着しやすくなります。
運動によって脂肪が燃焼するだけではなく、筋肉量が増えれば基礎代謝がアップし、じっとしていてもエネルギーを消費する量も増えるため、太りにくくなります。

筋肉量が増えれば筋肉中の毛細血管も発達するため血流量が多くなり、身体の冷えを改善します。体温が高くなれば免疫細胞が活発化し、活性酸素を抑え込み、各種病気やガンなどを予防する力も強くなるります。

有酸素運動によって皮脂腺からの発汗を促すことで、発汗に伴う毒素排出効果も期待できます。汗皮脂腺からの汗には、体内に蓄積された重金属類などの有害物質が含まれていると言われますから、毒素排出にも貢献するのです。(ただし、熱いシャワーをさっと浴びた時に出るような一時的な汗には含まれていないそうです) 

もっと専門的な効用で言えば、たとえば運動は時計遺伝子に刺激を与え、体内時計を調整する作用もあります。人間の体内時計はおよそ25時間と言われており、24時間周期の地球とはズレが生じます。そのズレは日光を浴びることで調整されるのですが、規則的な生活をすることや適度な運動もひとつの調整機能のひとつです。

また、運動によってダメージを受けた筋肉細胞の再生のために成長ホルモンが分泌されますが、テストロテンやDHEAといった若さを保つために必要なホルモンの分泌も増えるそうです。

さらに、脳の活動を活発にします。運動で分泌される成長ホルモンは肝臓でIGF-1に変換され、これが脳内の神経細胞に働きかけてBDNFという物質を増やします。そしてこの物質が記憶の中枢を担う脳の海馬を刺激し、海馬の神経細胞を増やすのです。

海馬の神経細胞が増えれば記憶力はもとより学習能力が向上するので、たとえば子供の場合は運動ができる子供は学力も高いと言われるのはこうした効能があるからでしょう。

つまり運動をすればお金持ちになれるなどという単純な理屈にはならないまでも、適度な運動によって健康を維持することは、より稼げるようになるための基盤となるわけです。

ただし、激しい運動はおすすめできません。代謝の活発な若い人は問題ありませんが、特に中高年になってくると、激しい運動はむしろ害のほうが大きいことがわかっています。たとえばジョギングでは心臓発作による死亡事故やひざの故障などが起こったりしますし、運動により発生した活性酸素(乳酸)を分解しきれず、細胞を傷つけ老化を早めてしまうそうです。

また、朝は血圧が低く体温もまだ上昇していないため、やはり激しい運動には体への負担が大きいですし、逆に夜に運動すると、交感神経が活発となり良質な睡眠を妨げることにもなります。運動するなら午後から夕方くらいが良いのですが、多忙なビジネスパーソンにはなかなか難しい。そこでもっとも簡単なのは、普段の生活の中で、身体を動かす頻度を上げることです。

わざわざ時間を確保して走ったりスポーツジムに通ったりするより、「歩く」を生活の中で増やすほうがムリなく続けられます。これももはや聞き飽きたであろう話ですが、前述のとおりエレベーターやエスカレーターではなく、なるべく階段を歩く。タクシーを控えてなるべく歩く。電車や車の代わりに自転車で通勤する、などです。そして歩くときは「大股で速く」がポイントです。ゆっくり歩いたり小幅でちょこちょこ歩きでは運動効果が得られないからです。
午堂 登紀雄

最終更新:9月26日(火)21時40分

あるじゃん(All About マネー)

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン