ここから本文です

〔NY外為〕円、112円台前半(26日朝)

9月26日(火)23時01分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】26日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を控えて、1ドル=112円台前半で小動きとなっている。午前9時15分現在は1ドル=112円05~15銭と、前日午後5時(111円68~78銭)比37銭の円安・ドル高。
 この日は、イエレン議長をはじめ複数のFRB高官らが講演を予定しており、投資家の様子見ムードが広がっている。
 24日投開票のドイツ連邦議会(下院)選挙の結果を受けてユーロ安・ドル高が進行しているため、対ユーロでのドル買いが円相場にも若干波及しており、対円でもドルが買われやすくなっている。だた、北朝鮮情勢に対する警戒感も強く、安全資産とされる円の下値は限定的となっている。
 ユーロは同時刻現在、1ユーロ=1.1790~1800ドル(前日午後5時は1.1842~1852ドル)、対円では同132円20~30銭(同132円32~42銭)。(了)

最終更新:9月27日(水)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン