ここから本文です

日経平均テクニカル:連日の陰線形成で上値は追いづらい状況

9月25日(月)18時15分配信 フィスコ

反発。20400円を挟んでのこう着となったが、5日線を上回っての底堅い展開。ただし、連日の陰線形成となり、上値は追いづらい状況だった。ボリンジャーバンドではバンドが拡大するなか、+2σを挟んでの推移。MACDは陽転シグナルが継続しており、176まで切り上がってきている。陽転シグナルを継続させているが200を超えてきた辺りから、ややピーク感を警戒する必要がありそう。週間形状ではもち合いを上放れ、一目均衡表でも遅行スパンが実線を大きく上放れてきている。実線が下降する局面であり、しばらくは上方シグナルが継続しよう。価格帯別出来高で商いが積み上がっている20000-20200円処を支持線に下値を固めつつ、15年6月高値(20868円)突破を意識したトレンド形成が期待されてくる。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:9月25日(月)18時24分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン