ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=目先は次の上昇エネルギーを蓄える展開

9月25日(月)18時01分配信 モーニングスター

 米国株は前営業日、強弱ミックスした相場で推移。ダウ工業株30種平均は9.64ドル(0.04%)安の2万2349.59ドルで終了した。

 足元の米国株は9月8日以降続いた上昇が一服している。これは利益確定売りもあるが、8月末にテキサス州に上陸したハリケーン「ハービー」による9月経済指標を見極めたいとの思惑や、FOMC(米連邦公開市場委員会)での資産縮小決定が影響している可能性がある。そのため目先は利益確定売りをこなしながら、次の上昇エネルギーを蓄える展開となりそうだ。

 注意したいのはトランプ政権の動向。米メディアはトランプ大統領の娘婿、クシュナー大統領上級顧問ら複数のホワイトハウス高官が公務で私用メールを使用していたと報じている。同氏は個人のメールアカウントでホワイトハウス高官や外部の関係者と政権についての報道ぶりなどについてやりとりしていたという。この問題がどこまで大きくなるかは分からないが、政権叩きが加速ことはあり得る。

 米経済指標は8月シカゴ連銀全米活動指数、9月ダラス連銀製造業活動指数。

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月25日(月)18時01分

モーニングスター

 

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン