ここから本文です

不動産投資で成功したいなら「プラスのスパイラル」を身につける?

9月22日(金)11時00分配信 不動産投資の楽待

(写真© ra2 studio-Fotolia)
拡大写真
(写真© ra2 studio-Fotolia)
みなさん、こんにちは。日曜大家です。

不動産投資を始めたばかりのころ、心配で夜も眠れないことが多くありました。

「不動産投資でトラブルや失敗をしたくないので、一歩が踏み出せない」
「不動産投資をスタートしたが、トラブルが発生したらどうしたらいいのか」
「トラブルが発生したら、心配で眠れなくなりそう」
「賃貸契約後にすぐに退去されたら、次にどのように対応すればいいのか」

このような話は、よく聞きますね。不動産投資を始めたばかりのころ、不安で仕方なかった私ですが、今では多少のトラブルは気にならなくなりました。今回は、どのようにして不安な気持ちがなくなったのかについてお話したいと思います。

■不動産投資は事業

不動産投資は購入したら、あとは何もしなくてお金が勝手に入ってくるわけではありません。不動産投資は事業です。事業者の裁量によって家賃収入は大きく変動します。入居後のトラブルが発生した時の対処方法でも同様に、事業者の裁量によって変わります。大きな問題になる場合もありますし、すぐに収まることもあります。実践的な体験や経験をいかに活かすかが大事です。では、どのようにすれば良いのでしょうか?

■小さなトラブル体験を恐れずに喜んで受け入れる

不動産賃貸業をしているといろいろなトラブルを経験します。賃貸中のトラブルといえば、下記のようなものが代表ですね。

1.家賃滞納
2.入居者からのクレーム
3.夜逃げ

このような失敗を悲しんでイヤイヤ対処して解決すると、トラブルがあったことをすぐに忘れてしまいます。ですが、このような失敗を受け入れて、頑張って解決しようと前向きに行動する人は、失敗から学んで次に生かすことができます。喜んで受け入れる方はその経験から、いかに学ぶかを考えているのです。

一度経験したトラブルは、次に発生しても以前より気持ちにゆとりが生まれます。理由は、すでに経験しているので、対処方法が頭に浮かび、更に良い対処方法ができるようになるからです。その積み重ねが気持ちにゆとりを与え、大家力も向上するのです。

■成功へのプラスのスパイラルを身につける

以下のステップを踏むことで、プラスのスパイラルを身につけることができます。

1.トラブルなど実践的な不動産投資の経験や体験をする
2.これらの新しい経験や体験を思い起こし、しっかりと振り返る
3.今回の経験を教訓として概念化する
4.今回の経験を活かして、同様な問題が発生した時に実践的に対処できるスキルが自然と身についている

小さな失敗経験から、いかに学ぶかが大切です。小さな失敗なら喜んで受け入れ、成功へのプラスのスパイラルを身につけていきましょう。

※上記は、楽待新聞の実践大家コラムニスト、日曜大家さんが執筆したコラムです。文章、写真、画像、イラストおよびデータ等上記記事は、執筆者の責任において作成されています。
日曜大家

最終更新:9月22日(金)11時00分

不動産投資の楽待

 

情報提供元(外部サイト)

不動産投資の楽待

不動産投資の楽待

株式会社ファーストロジック

最新記事を毎日更新

実際に不動産投資を行っている投資家の
「失敗談」や「成功談」をはじめ、
不動産投資をするなら必ず抑えておきたい
ノウハウを記事にして毎日配信!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン