ここから本文です

LDN午前=円買い一服もややドル売り、ドル円112円近辺

9月22日(金)19時45分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ロンドンタイム午前の為替相場では、北朝鮮情勢への警戒感が再燃したことを受けてのリスク回避の円買いは一段落するも、ややドル売りが優勢となり、ドル円は112円前後でもみ合い。

 ユーロはしっかり。9月のユーロ圏と独・仏など主要国のPMIが軒並み市場予想や前月を上回る好調な結果となったことも支えとなり、ユーロドルは1.2003ドルまで上値を伸ばし、ユーロ円は134.41円まで小反発した。独・仏9月総合PMIはともに約6年ぶりの高い水準となった。一方、メイ英首相の欧州連合(EU)離脱についての演説を控え、ポンドドルは1.35ドル前半まで下押し、ポンド円は151.61円まで安値を更新するなどやや上値の重い動きとなった。

 資源国通貨は小じっかり。豪ドル/ドルは0.7976ドル、NZドル/ドルは0.7334ドル、ドル/加ドルは1.2261加ドルまでドル安が進み、豪ドル円は89円前半、NZドル円は82円近辺、加ドル円は91円前半まで切り返し、下げ幅をほぼ取り戻した。

最終更新:9月22日(金)19時45分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン