ここから本文です

NY株見通し=堅調か 金融株の相場けん引を期待

9月21日(木)20時52分配信 トレーダーズ・ウェブ

 今晩は堅調か。緩やかな金利先高観を背景に金融株の堅調が続きそうだ。昨日結果が公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)では市場予想通りバランスシート縮小の10月開始が示された。ただ、ハリケーンの影響は一時的とし、利上げについては年内あと1回の可能性が残った。CMEのFedウォッチが示す12月FOMCでの利上げ確率は74%となり、1週間前の50%、前日の61%から大きく上昇した。米国債が売られ(利回りは上昇)、為替市場ではドルが主要通貨に対して上昇しており、金利見通しの修正が続いている。投資家の不安心理を表すVIX指数はFOMC結果公表後に一時10.67ポイントまで上昇したが、9.78ポイントと前日から0.40ポイント低下して終了。8月7日以来の10ポイント割れとなり、センチメントも良好だ。朝鮮半島情勢への警戒感や、主要指数の連日の史上最高値更新による高値警戒感も強いが、金融株を中心に景気敏感株主導の流れが続きそうだ。
 今晩の経済指標は米新規失業保険申請件数、米9月フィラデルフィア連銀製造業指数、米8月景気先行指数など。主要企業の決算発表はなし。

最終更新:9月21日(木)20時52分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン