ここから本文です

20日のこれまでの要人発言

9月21日(木)5時37分配信 トレーダーズ・ウェブ

政府筋
「プライマリーバランスの黒字化は2020年代以後に」

エリスRBA(豪準備銀行)金融安定局長
「アジアの地政学リスクは上昇、欧州は減少」
「金利は世界的に上昇し始めている」
「世界的な賃金の上昇と物価は持ち直すが時間がかかるだろう」
「経済的なショックが起きれば、豪の高い住宅債務はリスク」
「世界的に拡張的な金融政策を保つ必要がある」

デベルRBA総裁補佐
「インフレの上昇スピートに満足」
「不動産価格は引き続き過剰なスピートで上昇している」
「労働市場には引き続き大きな余剰能力がある」

メルケル独首相
「北朝鮮問題の軍事的手段による解決に反対」



米連邦公開市場委員会(FOMC)
「FF金利目標レンジ1.00-1.25%に据え置き」

「ハリケンーンが中期的な経済の流れを変える可能性は低い」
「バランスシート縮小を10月に開始へ」
「全会一致で政策決定」
「インフレ、ハリケーンが寄与し一時的に上昇へ」
「インフレ動向を注視」
「雇用の伸びは堅調さを継続」
「家計支出は緩やかに拡大、企業支出は数四半期で拡大」
「経済の短期的なリスク、概ねバランス」

「2017年度の利上げ見通し あと1回(6月時点 3月・6月を含め3回=見通し変わらず)」
「2017年末のFF金利1.4%(6月時点予想1.4%)」
「2018年末のFF金利2.1%(6月時点予想2.1%)」
「2019年末のFF金利2.7%(6月時点予想2.9%)」
「2020年末のFF金利2.9%」
「FF金利長期予想2.8%(6月時点予想3.0%)」 
※利上げ回数見通し
 2018年 3回
 2019年 2回
 2020年 1回

「2017年GDP+2.4%(6月時点予想+2.2%)」
「2017年失業率4.3%(6月時点予想4.3%)」
「2017年PCE価格指数+1.6%(6月時点予想1.6%)」
「2017年コアPCE価格指数+1.5%(6月時点予想1.7%)」

「GDP長期予想1.8%(6月時点予想1.8%)」
「失業率長期予想4.6%(6月時点予想4.6%)」



イエレンFRB議長
「バランスシート縮小は段階的、予見可能な見通しのもとに進めていく」
「経済は今後数年、緩やかに拡大へ」
「第3四半期はハリケーンが成長に影響を与える可能性」
「今後の2四半期以降にハリケーンの影響が尾を引く可能性は低い」
「労働市場の強まり、さらにいくらか進む可能性」
「インフレの下押し要因あるが、影響は一時的」
「必要とあれば政策を調整」
「景気を過熱させないようにする配慮も必要」
「インフレの今年のさえない動向には不透明感」
「労働市場の堅調さが、やがて賃金そして物価の押し上げにつながるとみる」
「利上げ決定は、資産価格の動向も考慮」
「利上げパスに予断はない」
「回復軌道は力強い」
「経済見通しに確信ある」
「ネガティブなショックあれば、バランスシート縮小の過程見直しも」
「続投の意向の有無についてはコメントしない」


安倍首相
「北朝鮮に核やミサイル計画を放棄させるためには圧力が必要」
関口

最終更新:9月21日(木)5時37分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース